株式会社山田産業

日本全国対応します!お気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせ
山田産業の魅力

株式会社山田産業

鳥取県鳥取市里仁553-3

メールでのお問い合わせ

山田産業の強みとは

解体工事の立案、計画から施工、収集運搬、処分までワンストップ
体制による低コストでの解体工事の提案が出来ます。

市街地中心部の空洞化、改正建築基準法による耐震補強及び減築等、時代の変化と共に建築工事、
解体も多様化される中、山田の解体は総合建設業としてではなく、解体工事のエキスパートとして
1歩踏み込んだ専門的解体を得意
としています。

上記工事の技術を駆使することにより、山田の解体は下記の様な
難易度の高い解体工事の場合に最も力を発揮します。

■例1.市街地の中央部で建物等が隣接していてヒトも入れるスペースもないような
建物の解体

対策 重機階上解体、手作業解体、静的解体(ワイヤーソーなど)

 

■例2.昭和30~50年頃の建物で吹付けアスベストあり、施工費が高い

対策 解体、アスベスト除去の自社施工によるコストカット

 

■例3.建築物の耐震化による減築(階上よりフロア数を少なくし、固定荷重を軽減する工法)及び耐震改修工事による解体工事

対策 静的解体工法(ワイヤーソー、ウォールソー、コアドリル)により、スラブ、壁、柱ごとにカットし、クレーンにより吊り切りを行う工法。はつり工事(ほこり、騒音が発生するので注意)

 

■例4.敷地境界に隣接した基礎コンクリート等の地下埋設物の解体

対策 静的解体工法(ワイヤーソーによる切断)
重機による圧砕併用解体

 

■例5.壊す建物と残す建物を真二つに切断・解体したい大口径で高い煙突を解体したい

対策 静的解体工法(ワイヤーソーによる切断)

 

木造、鉄骨、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートなど構造は問わず
どのような建物でも現場にあった最適な工法
により解体を行います。

機動力を生かした重機解体も得意です。
木造、鉄骨、鉄筋コンクリート造のどのような建物でも平屋から7階程度まで従来工法により地上から
解体します。また自社所有重機車両により解体、運搬、処分を行うことにより、大幅なコストカット
大型重機の使用並びに重機車両等の大量投入により工期短縮も可能
です。

初代社長(現会長)からの解体現場への
強い想い(こだわり)について

初代社長より社長自ら重機に乗り第1線にて解体を行うことにより山田産業の信用を勝ちとってきました。
その初代社長も今は会長となりましたが、解体工事歴27年の現役オペレーターとして今でも会長専用機(黄色のコベルコ1.4㎥ベース解体機)に乗り解体しています。

その初代社長の下で10年以上解体工事の実務に携わった現社長も建築構造学、用力学を学び、1級建築施工管理技士、1級土木施工管理技士、1級建設機械施工技士を取得した今でも技術者、オペレーターとして解体現場の第一線で活躍しています。

そうした会社体制こそがお客様の声をダイレクトに現場に反映することができ、また、現場大小並びに容易、困難に関係なくスコップ1杯、木切れ1本までに責任、こだわりを持つ姿勢こそが山田の解体の歴史であり、山田の品質、徹底的な現場主義の原点であり、創業より現在に至るまで絶対に変えることのない会社方針であります。

人間力を生かした手作業解体も得意です。

解体機が入らないような狭い住宅の解体、建物改修工事に伴うはつり工事、ビル屋上の看板広告塔の撤収など解体機を使用できないような専門的な手作業解体はどうしてもコストが高くなり、不慣れから進捗率の低下、ケガ等が懸念されます。

山田の解体は
建築構造学、応用力学に裏付けされた
手作業解体が基本
となっていますので、自社施工による手作業解体、はつり技術を駆使して
一極集中作業による短期決戦を得意
としていますので工事短縮、現場の出来映えには自身があります。

どのような厳しい条件の現場でも「無理です。出来ません。」は絶対にありません。

ページのトップへ