株式会社山田産業

日本全国対応します!お気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせ
解体実績

株式会社山田産業

鳥取県鳥取市里仁553-3

メールでのお問い合わせ

鳥取市内中学校EXPスラブコンクリート解体撤去工事

wall-top-01

着手前

wall-top-02

切断状況


 ●採用工法:ウォールソー工法

 

問題点

耐震補強に伴った校舎増築部分とのEXP.Jの幅を5cm→15cm改修するため取り壊し作業を行っていた所
ジョイント部分のスラブコンクリートが新旧と2重になっていてジョイント幅15cmを確保するためには
工程及び仕上げの状況から下部コンクリート26cm厚さのコンクリートのみを
上部コンクリートを傷つけることなく規定寸法で解体する必要がありました。

また中学校を使いながらの作業をいうこともあり、
騒音を伴うハンドブレーカーによる作業では26cmの厚みを上向きで解体することは
困難で大幅な工期の遅れが懸念されました。

対策

以上の問題点を考慮し、安全でかつ工期厳守できる工法を検討した結果、
静的解体工法であるウォールソー工法を採用しました。
ウォールソー工法を採用することにより騒音の心配はなく施工が可能となりました。

また、スラブコンクリートを手作業で取外しを行う為
1カット当たりの重量を30kg以下とし、
事前に切断箇所をマーキング等を行うことにより、
規定の重量以下で安全に切断する事が可能となりました。
ただ、ウォールソー工法を上向きで切断する方法は全国でもまれなケースで
過去の事例等もまったくないような状態でしたが、
そこはコンクリート解体工事専門会社である山田産業の真骨頂である
事前調査、構造、施工条件に基づいた最適な工法の立案と過去の施工実績からなる
経験及び人間力を生かした自社スタッフによる施工を行いました。

結果

既存コンクリートを1mmも傷つけることなく規定寸法とおりに切断し、約10日間程の作業で工程を遅らせることなく安全に作業することが出来お客様から高い評価を頂くことが出来ました。

 

解体工事の様子 (写真をクリックすると拡大します)

wall-01
着手前
wall-02
切断マーキング完了
wall-05
切断状況(横断切断)
wall-03
切断状況(縦断切断)
wall-04
切断状況(縦断切断)
ページのトップへ